DSC_0620

S.I.Cから超絶アレンジのタトバ登場!

生物的なアレンジが嫌というほど加わり、まさしく「グリードの王」ってな感じになってます。
DSC_0611

素立ち。

平成ライダーのSICにしてはかなりアレンジされてます。

各部分も生物的な感じになり、コアメダルの力を使ってるという感じがしてかっこいいです。

オーラングサークル、各部のライン、複眼はクリアパーツです。


DSC_0612

DSC_0613

可動とか。

上半身は良く動きます。トラクローも差し替え無しで一本ずつ独立して可動。

下半身も膝はよく曲がりますが股関節があまり開きませんね。

SICにしては結構動く方かと思います。


DSC_0615

今回のギミックとしてコアメダルを取り外し可能。

説明書にはないですがオーラングサークルも分割可能でボディも部位ごとに分割可能。

おそらく亜種コンボがつくれるということなんでしょう。


DSC_0616

今回の目玉の一つ、差し替えトラクロー。

前腕差し替えででかいトラクローに。

こちらも爪が独立して動くので自由な表情付けが可能。


DSC_0617

目玉2つめ、バッタレッグ。

こちらも膝から下を差し替えて再現します。

この形態はオーズ本編でもやってましたが、アレンジによってまさしくバッタの足という状態に。


DSC_0618

全部つけるとこんな感じ。

もはや仮面ライダーなのかどうかすらあやしいシルエットですがかなりマッチしていてかっこいいです。


DSC_0621

DSC_0622

メダジャリバー。

結構長めに造形されていてかっこいいです。

こちらもセルメダル装てん可能なギミックがあります。

レバーも可動。セルメダルはホルダーに収納可能です。

ただうちのはちょっと持ち手が緩めで保持できないというほどではないですがぐらつきました。


DSC_0623

オースキャナー。

こちらもジャリバー持ち手で保持するんですが、ゆるかったのでメダル持ち手をつかってます。

写真撮りませんでしたがこの手首をつかえばメダルを持たせることも。


DSC_0624

平手。

大きく手を開いた独特の平手もちゃんと付いており、嬉しい限り。



ではあとは適当に。



DSC_0625

タカ!トラ!バッタ!


DSC_0626

いつもの構え。 ちょっとやっぱり下半身周りが窮屈。


DSC_0627

合金率は少なめなので浮かせはしないですが支えるくらいならば。


DSC_0628

このクロー強そうですね。


DSC_0629

こういうポーズもよくお似合い。


DSC_0630

やっぱり映司というよりは800年前の王ってイメージですね。


DSC_0631

ジャリ剣。


DSC_0632

ちょっと持ち手緩めですがかっこいいのでお気に入り。


DSC_0633

刀身はクリアパーツなので透けてかっこいいですね。


DSC_0634

ズバー。 空間切断は強すぎると思うんですよね。


DSC_0635

終わり。SICオーズ タトバコンボでした。

平成ライダーには珍しい極端なアレンジでしたがオーズによく合っていてかなりかっこいいですね。

オーズも敵の力と同じ力で変身するライダーなのでやっぱりこういう怪物チックな感じが似合います。

可動も悪くないですし、差し替えのトラクローとバッタレッグも差し替えやすく迫力があるので遊びやすくていい感じ。

次回リリースはタジャドルが決まっていますが、こちらもかっこよさげなので期待大です。