DSC_0746

アクエリオンの続編、EVOLがスパ金に登場!

合体を排してる分、相変わらずよく動く代物です。
DSC_0721

素立ち。

主役機なのでソーラーアクエリオンっぽいシルエットですね。

黒と赤のカラーリングでヒロイックな感じ。

かなり塗装が細かいところも多いですがとくにはみ出しなどもなく綺麗に仕上がってます。


DSC_0723

DSC_0724

可動範囲など。

かなりよく動きます。

特に下半身周りはデザイン面での制約などもほぼないので股関節、膝の可動がすごいことに。

関節は結構固めです。


DSC_0731

背部ウイングを展開。

前に出たソーラーアクエリオンと違い、差し替えで再現。

ウイング展開の際は腰のアーマーを外します。

もちろんウイングはメッキ処理で金ぴかです。


DSC_0732

今回も付属の無限拳再現用パーツ。

もちろんパース付き拳も付属します。


DSC_0733

無限拳プレート。

クリップで挟んでスタンドで立たせる形。


DSC_0734

時空超えエフェクト。

無限拳の関節に挟み込む感じです。

こちらもPET素材。



では後は適当に



DSC_0735

アクエリオン EVOL!


DSC_0736

全体的に可動範囲が広いのでこんなことも。


DSC_0738

格闘戦主体でしたね。


DSC_0739

パンチ。


DSC_0741

ウイング展開。


DSC_0742

ウイング展開時は飛翔が多かったですね。


DSC_0743

無限拳の構え。


DSC_0744

ちなみに手首は平手と握り手しかついてません。


DSC_0745

無限拳。 やっぱパースついてるといいですね。


DSC_0746

エフェクトもつけると結構派手な画。


DSC_0752

このプレートなかなかいい感じ。


DSC_0748

ソーラーアクエリオンのパーツも同じ形なので延長できます。


DSC_0749

vsソーラーアクエリオン。


DSC_0750

そろい踏みで終わり。 SR超合金 アクエリオンEVOLでした。

股関節がゆるかったり肩が外れやすかったりといったちょっとした不満があったソーラーに対し、EVOLは関節も固く、遊びやすさでも見栄えでもかなりいい出来になってると思います。

放送終了してからしばらくたっちゃってますが、買って損は無いものだと思います。