DSC_1169

大好評だったタトバからさほど間をおかず中間フォームのタジャドルが登場!

劇中での活躍もあり、人気のフォームだけに気合の入った出来です。
DSC_1138

素立ち。

各部のエネルギーライン、顔のバイザー、かかとの爪部分はクリアパーツ。

今回はデフォではサークルはクリアになってません。

メタリック塗装も美しく、ひじなどの一部はグラデになっていてかなり見栄えいいです。

ちなみに今回魂STAGE act5が付属してます。

DSC_1143

顔。

バイザーも結構アレンジが入っていてくちばしっぽい形に。

中に複眼もちゃんと造形されてます。


DSC_1146

DSC_1147

可動。

肩アーマーがありますが軟質なので大体タトバと同じくらい動きます。

ただ股関節があまり開けないように。

膝は結構曲がります。


DSC_1148

メダルがかなり充実した付属。

セルが3枚と割れたメダル、ひびが入ったものまでつきます。


DSC_1150

スピナーのふたを外せばメダルが最大7枚入ります。

もちろん腰のメダルホルダーにも収納可能。


DSC_1151

手首。

平手とスキャナー持ち手、メダル持ち手になります。


DSC_1152

今回はデフォが分割不可のサークルですが、きちっと亜種遊び用にクリアのサークルも付属。

これとタトバを組み合わせれば亜種が作れるようになります。


DSC_1153

羽。

説明書だと上から大中小の順で羽を付けてますがちょっと間違えて中大小でつけちゃってます。

クリアパーツで、グラデもかかっててかなり綺麗です。

背中の丸い部分を差し替えて付けるというのはアーツとほぼ変わらず。


DSC_1154

能力解放状態の足。

爪がクリアパーツで出来ており見栄えいいです。

爪はBJで可動。



では後は適当に。



DSC_1159

手刀もあると良かった気がしますが平手もけっこう表情ついてるのでかっこいいです。


DSC_1160

膝が結構曲がるのでキックとかも。


DSC_1162

パンチ。 上半身も見かけによらず結構動きます。


DSC_1163

足がこれだとかなり迫力あります。


DSC_1164

接地性はよくは無いですが爪が動くので問題なし。


DSC_1165

蹴られたら痛そう。


DSC_1166

全能力解放。かなり強そう。


DSC_1167

800年前の王がこんなんで戦ったと思うとかっこいいですねぇ。


DSC_1168

ギガスキャン!


DSC_1169

マグナブレイズ。 スタンドが付いてくるとは言え、さすがに重めなので浮かせるの結構難しいです。


DSC_1172

スキャニングチャージ!


DSC_1173

プロミネンスドロップ。劇中のように足が分解するわけではないですが、違和感無いです。


DSC_1171

終わり。 S.I.C タジャドルコンボでした。

大好評だったタトバに続いてのリリースで期待はかなりされていただけあって、実物もかなりかっこいいです。

塗装もメタリックやグラデなど美しく、クリアパーツも効果的に使ってあって立たせておくだけでもかなりの存在感。

ちょっと値段高めなのがネックではありますが、能力解放はもちろん、スピナーにメダルを入れられたり亜種再現用のサークルが付属するなど、細かいところまでかなり気を使われていて割高感はないです

ガタキリバなどはweb限定行きですが、プトティラのリリースも決まったようでそちらもかなり楽しみですね。