DSC_2304

絶賛放送中の革命機ヴァルヴレイヴから主人公機のプラモデル早くも登場!

色々形態があるようですがまずはⅠの火人からリリースです。

DSC_2282

素立ち。

プロポーションはかなり劇中に近いものになってると思います。

色分けもかなり頑張ってるとは思いますが白いラインは全てシールなので割とシール地獄です。

羽や手足の先端の光る部分はクリアパーツで見栄えはかなりいいです。


DSC_2285

DSC_2289

可動範囲など。

デザイン上上半身は動かないかと思いきやかなりぐりぐり動きます。

下半身は開脚が微妙ではありますが膝はほぼ180度曲がるのでそれほど不満は無いです。


DSC_2290

背面羽。

基部で上下可動、羽4つ各部の基部でも可動があるので結構表情付けが可能。


DSC_2291

刀、ジー・エッジ。

クリア一体成型なので無色透明なのですが柄の部分だけは塗りました。

シールも付属しないのでそのままだと完全に無色透明。


DSC_2294

ストライク・ブレイズ。

シールを貼ってませんが本来はラインのところが赤です。


DSC_2295

ジー・エッジ、ストライクブレイズ、それにフォルド・シックルという小型の鎌を銃に合体させてヴルトガの完成。

持ってる武器全部合体させるという戦隊もビックリの恐ろしい武器。


DSC_2297

エフェクト。クリアレッドで塗ってはありますが本来はこれも無色透明です。

ピンクのランナーあるんだからそこで成形してくれればよかったのに…



では後は適当に。



DSC_2299

硬質残光エフェクト、やっぱ塗るといいですね。


DSC_2300

防御にも攻撃にもなる超万能技。


DSC_2302

形はかっこいいので結構映えるんですけどね。


DSC_2303

ジー・エッジ。


DSC_2304

刀身がクリアなのは設定準拠らしいので柄の部分だけガンダムマーカーとかで塗ってやるといいと思います。


DSC_2305

足のエフェクトはこんな感じ。


DSC_2306

こっちも形はかなりかっこいいです。


DSC_2307

今のところジー・エッジはあんまり使ってないですね。


DSC_2308

スタンドも付いてますが角度が3段階なので使い勝手は微妙。


DSC_2310

フォルド・シックル。これはよく使ってますね。


DSC_2311

シールドはがして攻撃とかやってましたね。


DSC_2312

これはシールドなんですかね。


DSC_2313

ヴルトガ。でかい武器はかっこいいですねー。


DSC_2314

ただかなり取り回しにくいです。


DSC_2315

ちなみにブラックライトで羽やら手やらが光ります。


DSC_2317

終わり。

プラモデル ヴァルヴレイヴⅠでした。

まだアニメも4話しかやってないというのに発売という恐ろしい早さ。

結構前からプラモデルが出るのも決まっていただけあってプロポーションはかなり劇中に近くかっこいいです。

ただやっぱりデザインが複雑で、細かいところはほとんどシールなのが残念と言えば残念。

武器やエフェクトも無色透明でちょっと味気ないところはありました。

ただ可動はかなりよく、クリアパーツも綺麗でかっこいいのでヴァルヴレイヴを見てるなら買ってみてもいいかと。

既にヴァルヴレイヴⅢ火神鳴の発売も決まっているようで、アニメの方の展開にも期待ですね。