DSC_2559

アイアンマンと同時発売となったウォーマシンをご紹介。

エフェクトパーツなどもついてかなり遊べるものになっております。
DSC_2527

素立ち。

アイアンマンの形状は残ってはいますがかなりごっつくなっています。

マットな質感でいかにも軍用といった感じ。

アークリアクターはクリアのカバーがついてます。

足はアイアンマンと同じくダイキャスト。


DSC_2530

DSC_2531

DSC_2532

可動など。

ごてごてで動かないかと思いきやアイアンマンと同じくらいかなりよく動きます。

下半身はほぼアイアンマンと同じ形で太もものギミックも同じなので割愛。


DSC_2535

ガトリング。

根元が回転、その上が上下可動、ガトリングと支柱の接続部も上下可動、ガトリング自体の付け根が回転可動となっております。

まあ割と動くのですがガトリング自体の上下可動がないので上方向に向けづらいのが難点。

給弾ベルトは軟質で可動を妨げません。


DSC_2537

腕部マシンガン。

根元にヒンジがあり、差し替えなしで展開します。

マシンガンを取り外す事も可能ですが、持ち手等はないので使い道はなし。


DSC_2536

わかりづらいですが、背中と脚部のフラップは差し替え無しで展開。

脚部の方は一応差し替え用の展開フラップパーツが付属します。


DSC_2543

こちらは差し替えで肩部ミサイルポッドと「別れた妻」を再現可能。

別れた妻は1つのみですが、ミサイルポッドは2つ付属するので両肩につけられます。

ミサイル、別れた妻共に上下可動あり。


DSC_2540

DSC_2544

エフェクトパーツ。

ガトリング、マシンガンの物はリボと同じで銃口にそのまま取り付ける方式。

足のものも穴にそのまま差し込む形です。

どちらもクリアパーツでグラデーションがかかっていて見栄えいいです。


DSC_2552

DSC_2556

アイアンマンとウォーマシンをリボの物と比較。

やはり幾分前の物なので今見るとリボの方は細すぎるかなと思ったりもしますが、ウォーマシンの方は当時からかなり完成度が高かったと思います。

素立ちには難ありですが。



では後は適当に。



DSC_2560

手首は握り、平手、手刀が付属。敬礼もできます。


DSC_2564

エフェクトは見栄えいいんですが、やっぱり重いので浮かせるのは苦労します。


DSC_2565

フラップが展開できるのはいいですね。


DSC_2566

着地。


DSC_2561

平手もあるのでリパルサーな構えもできますが、エフェクトはありません。


DSC_2557

リボもそうでしたが、エフェクトがあると遊びやすくていいですね。


DSC_2559

乱射。


DSC_2567

あんまり格闘するイメージ無いですがパンチとかも決まります。


DSC_2568

こんなんでも自立。


DSC_2569

立て膝も楽々出来ます。


DSC_2570

全弾発射。エフェクトがクリアなので本体にちょっと映り込むのが雰囲気出てて良い感じ。


DSC_2571

暴走するウォーマシン。


DSC_2572

えぐり込むように打つべし!


DSC_2573

さいごはやっぱ共闘。


DSC_2574

派手なアイアンマンとマットなウォーマシンの対比がいいですね。


DSC_2575

「別れた妻を使う!」「え?」なシーンも再現可能。


DSC_2578

並び立って終わり。

SHFウォーマシンでした。

アイアンマンと同時発売してくれたおかげで並べて遊んだり飾れたりするのはありがたいですね。

かなりごつい外見してますがその割によく動くのも素晴らしいです。

アイアンマンのグロス塗装とは対照的に、軍用のマットな質感もきちっと再現されていて並べると映えます。

さすがの後出しでかなり出来がいいと思うので、こんな感じでシリーズが続いてくれるとありがたいですね。

マーク42とアイアンパトリオットとか欲しいところです。