DSC_3794

本物感を重視したライダーアーツの新シリーズスタート!

第一弾はアーツ初期に発売されたカブトのリメイクとなりました。

DSC_3795


素立ち。

塗装や造形など、さすがかなり本物に近いものを感じさせます。

特にプロポーションは、アクターさんの体型まで考慮されているということでかなり人間らしい体格に。


DSC_3796

DSC_3797

DSC_3799

可動など。

よく動くうえ、できるだけ干渉を避けるような作りになっています。

腹アーマーは前後に若干スイングし、ベルトと干渉しないように、胸アーマーも可動し、腕の動きを妨げないようになっています。

また、ベルトのゼクターホーンも可動、必殺技シークエンスを再現できます。


DSC_3800

カブトクナイガン クナイモード。

塗装もしっかりしております。


DSC_3801

DSC_3802

ガンモードとアックスモード。

こちらは共通で、持つところを変えるだけです。


DSC_3804

今回手首はfigmaのような軸接続になっており、figmaのように手首を収納できるようになっております。

まんまfigmaですが手首をまとめておけるのはありがたいです。



付属品はこれだけなのであとは適当に。



DSC_3808

天の道を往き総てを司るポーズもばっちり。


DSC_3806

ガンモード。すたすた歩きながら撃つ感じが印象的ですね。


DSC_3809

アックスモード。ガンもアックスもライダーフォームではあまり使わなかった気もしますが。


DSC_3810

ライダーフォームはやっぱクナイですね。


DSC_3811

接地性もいいので腰を落としたポーズでも安定します。


DSC_3812

よく動く上ポーズも様になるのでかなりかっこいいです。


DSC_3813

CLOCK UP


DSC_3814

関節も固めでポーズもまったく崩れないです。


DSC_3815

パンチとか。


DSC_3822

1,2,3


DSC_3823

がしょこんと角を動かして


DSC_3824

ライダーキック。


DSC_3826

なんと自立します。凄い。


DSC_3827

足裏もしっかり塗装。


DSC_3828

終わり。

リニューアル版 真骨彫 カブトでした。

大々的に宣伝していたこともあってかなり出来がいいです。

ウリにしていた造形はもちろん、可動にも気を使ってあって遊ぶのも眺めるのもよしといった感じ。

付属品がクナイ2種と手首で5000円弱というのは若干高く感じるところもありますが、出来自体にはかなり満足なのでそれほど高い買い物ではないかと思います。

次はついに初アーツ化の響鬼さんがでるようで、今後の真骨彫のラインナップにも期待ですね。