DSC_4144

海外でのリーダークラスグリムロックが塗装を変更して日本でも発売!

より劇中に近い塗装になっています。
DSC_4145

ティラノサウルスモードから。

G1のグリムロックとは違ってさすがにリアルな前傾姿勢のティラノサウルスです。

黒い部分は成形色ですが、それ以外の銀色はすべて塗装されています。

若干青味がかってるような銀色です。


DSC_4146

DSC_4147

ティラノモードでの可動など。

口は開閉可能、腕は肘が曲がり、根元部分が回転します。

足はロボットでの腕になるので詳しくは後述。

首も上を向けるのですが、あくまで変形の都合での可動なので見栄えはいまいち。


DSC_4148

それではトランスフォーム、ですが尻尾は丸々武器になるので取り外しておきます。


ではトランスフォーム。


DSC_4149

DSC_4150

DSC_4151

DSC_4152

DSC_4153

DSC_4154

DSC_4155

これで本体は完成。


DSC_4156

DSC_4157

尻尾を分離して武器と盾に変形させます。


DSC_4160

ということでロボットモード完成です。

18ステップでムービーのTFとしてはそんなに難しくないですが割と大胆なパーツ移動をするので面白いです。

ボイジャーのグリムロックを持ってないので比較はできないんですが、プロポーション的にはちょっと足が長めでスタイルいい感じになってます。

こちらも銀部分が塗装なのでヒンジの部分とかは結構剥げます・・・。

胴体はメッキで、写真ではかなり金っぽく映っちゃってますが実際はもう少し落ち着いた感じの金です。


DSC_4161

DSC_4162

DSC_4163

可動など。

肩は水平くらいまで上がり、肘は90度ほどです。

膝は150度くらいは平気で曲がります。股関節もかなり開けるんですが、股関節のクリックがやたらと堅いので若干扱いには注意がいるかもしれません。

腰回転はなし。



武器等のギミックは特にないのであとは適当に。



DSC_4164

リーダークラスで結構な大型アイテムですが可動が割と優秀なのでガシガシ遊べます。


DSC_4165

ちなみに目は集光ギミックなし、塗装されています。


DSC_4166

変形の都合で手首に角度をつけれます。


DSC_4167

特に下半身周りがやたらよく動くので膝立ちなんかもできます。


DSC_4172

ついでに大きさ比較、スラッグと。

今回のADシリーズは全体的に小さくなっていますが同シリーズで並べるならかなり迫力あるサイズです。


DSC_4173

ダイノボット、アタック!

胸が金だと若干G1っぽいですね。意識してるんですかね?


DSC_4174

ティラノモードの方でも。


DSC_4175

首が横に振れないのは惜しいですがそれでも割と動くので結構遊べます。


DSC_4178

終わり。 TFロストエイジ ブラックナイトグリムロックでした。

海外版ではボイジャークラスと同じくだいぶ茶色が多めだったリーダークラスのグリムロックですが、国内版ではブラックナイトの名前にふさわしく、かなり渋い色に仕上がっています。

ただ、塗装がほぼ全身に追加された分、変形はそれほどタイトではないとはいえ変形させる際の若干の塗装剥げは出てきてしまいます。特にヒンジ付近。

個人的にはそれほど気にしない方なのですが、気にする方はちょっと注意かも。

しかしそれを差し引いてもよく動くロボットモードでは遊びやすく、なにより渋い銀色で劇中に近く仕上がったグリムロックはかなりかっこいいです。

すでに海外版をお持ちの方でも買って損はない一品だと思います。