DSC_4266



メタルビルドから初のガンダム以外の商品化はなんとレーバテイン!

映像化されていないながらも絶大な人気を誇る機体がメタルビルドで登場です。
DSC_4231

では通常装備で素立ち。

今まで出たレーバテインの立体物の中でもさすがかなり良好なプロポーションです。

各部のライン部分も塗装の乱れなどはなく、きれいな仕上がり。


DSC_4232

DSC_4234

可動など。

かなりよく動きます。

肩、腰、股関節が引き出し可能。

開脚は塗装剥げを気にするとちょっと開くのに躊躇しますがそれでも十分な可動域は保っています。


DSC_4233

メタルビルドオリジナルギミックということで肩と太腿の放熱板が展開します。

太腿の放熱板は内側の装甲を押すことによってせり出して展開します。


DSC_4235

DSC_4237

コクピット展開ギミック。もちろん差し替え無しで展開します。

内部には空の座席と宗介が乗っている状態の座席を選択して取り付け可能です。


DSC_4238

今回は先に台座をご紹介。

メンテナンスドック風の台座ですがなんとすべての差し替え部品、オプション、武装などをここにしまっておくことが可能。

雰囲気を維持しながらも機能性の高い台座となっています。

ちなみに組み立て式なので周りの部品などを懸架しておくパーツは取り外し可能、好きなところに付け替えることもできます。


DSC_4240

隅にはARX-8 LAEVATEIN のプリント。


DSC_4241

こちらが妖精の羽とデモリッションガン、単分子カッターを装備したフル装備状態。

差し替えに当たって取り外したパーツも前述の台座に取り付けておけます。


DSC_4244

こちらもオリジナルギミックで妖精の羽を展開することが可能。

左の羽には賀東さん考案のマーキングがプリントされています。


DSC_4245

DSC_4246

ボクサー2 ショットキャノン。

もちろんストックは展開可能、ポンプアクションもできます。

マガジンは取り外し可能なほか、縦にも横にも連結することが可能です。


DSC_4247

専用のアタッチメントによって腰にマウントすることも可能。


DSC_4248

単分子カッター。

膝に取り付けてあるものを展開して刃の部分だけ差し替えになります。

専用手首によってかなりしっかり保持が可能。


DSC_4249

対戦車ダガー。2つ付属します。

こちらも単分子カッターと同じ手首で保持。


DSC_4250

手榴弾。こちらも2つ付属。


DSC_4251

サブアームを展開することが可能です。

先端を可動式のアームに差し替えることによって各種武器を保持可能。

割とわきわき動きますが左右には可動しません。


DSC_4252

ワイヤーガン。

肘を展開してワイヤーを取り付けます。

ワイヤーはリード線、先端のアームも可動しますが物を持てるほどではありません。


DSC_4253

放熱索。

後頭部を展開してクリアパーツの放熱索を取り付けます。

無色ではなく若干金色で角度によってはきれいに光って見えます。


DSC_4254

デモリッション・ガン。

専用のアタッチメントを使えばこんな感じで肩の上に装備することも可能。


DSC_4255

延長バレルは取り外し可能。

バレルだけでも肩にマウントしておくことができます。


DSC_4256

こちらもマガジンは取り外し可能なほか、横に連結することも可能です。


DSC_4257

砲身を取り付けてガンハウザーモード。

かなりの長物になりますがしっかり保持できます。

また、ロボ魂と同じでグリップが回転するため手首にきちっと保持が可能になっています。


DSC_4258

サブグリップももちろん展開。両手持ちが可能です。


DSC_4267

宗介の立ちフィギュアとブルーザー中尉のフィギュアは組み立て式。

ランナー状態で梱包されています。



ではあとは適当に。



DSC_4269

可動範囲は本当に広いのでショットガンも楽々両手持ち。


DSC_4270

膝立ちも余裕です。


DSC_4271

装備なしの素の状態でもかなりかっこいいですね。


DSC_4273

対戦車ダガーで近接戦闘。


DSC_4275

平手も付属します。


DSC_4276

ASは単分子カッターの逆手持ちが似合うと個人的に思ってます。


DSC_4277

いいですよね。ナイフアクション。


DSC_4278

いったん帰還して土下座みたいな感じで。コクピットが開くだけでもかなり遊び甲斐があります。


DSC_4279

妖精の羽を付けて再出撃。


DSC_4281

フル装備になるとやっぱりごてごて感がすごいですねー。


DSC_4282

妖精の羽、展開。 このギミックのおかげで展開してるのがわかりやすくて楽しいです。


DSC_4283

いやーフル装備はかっこいいですねえ。


DSC_4284

165mm 多目的破砕榴弾砲!


DSC_4285

砲身をマウントしておけるのはありがたいですね。


DSC_4286

砲身を連結。ガンハウザーモード。 サブアームで支えることもできます。


DSC_4288

「ガンハウザー・モードに移行を完了。曲射弾道なら最大射程は30kmです」


DSC_4289

長物はいいですねえ・・・。


DSC_4290

サイズもサイズなのでド迫力です。


DSC_4291

終わり。

メタルビルド レーバテインでした。

ガンダム続きだったメタルビルドからレーバテインが出ると聞いたときはかなり驚きましたが、さすがにかなりの完成度を誇っています。

賀東さんが監修していることもあり、作品の雰囲気を高めるオリジナルギミックも満載でフルメタファンなら間違いなくにやつきます。

可動型のスタンドがつかないのは惜しいですが、それ以外はこの高額にも見合う非の打ちどころのないレーバテインに仕上がっていると思います。

映像化されていない割にやたらと立体化に恵まれているレーバテインですが、それでもこのメタルビルドはレーバテイン立体物の傑作といえるのではないでしょうか。

飾っても遊んでも楽しい、かなりおすすめの一品です。