DSC_4321

タイバニアーツからついにライジング新ヒーローのライアンが登場!

でかい羽根が目を引く派手なスーツを立体化です。
DSC_4322

素立ち。

タイガーと似ているようで実はほとんど異なるスーツ。

腕の籠手部分、肩アーマーはもちろんクリアパーツですが、羽もほとんどがクリアパーツでかなりきれいな見た目です。

胴体などの金部分は塗装。

足首もいつも通りダイキャストで安定性はいいです。


DSC_4325

DSC_4326

DSC_4327

可動範囲など。

基本的にタイガーと似ているのであまり変わらないんですが、腰だけはかなり改善されています。

あまり回らなかったタイガーに比べると左右ほぼ90度まで回り、前後スイングもかなりできるようになっています。


DSC_4328

羽も割とフレキシブルに可動。

根元で上下に100度ほど可動し、さらにクリアの部分だけからも可動して展開したような状態を再現可能です。


DSC_4329

差し替えパーツで能力使用時の籠手の展開を再現。

塗装もしっかりしているので見栄えもいいです。


DSC_4330

いつものスタンドも。

アポロンメディアのロゴ、ちょっと変わってる気がしますね。



ではあとは適当に。



DSC_4331

足がダイキャストなので割と無茶な姿勢でも頑張ると立ちます。


DSC_4321

世界は俺の足元にひれ伏す!


DSC_4332

ライアンはふざけたようなやる気ないようなポーズがやたら似合いますね。


DSC_4334

もちろん戦闘ポーズも。


DSC_4335

銃のようにして重力波を飛ばしたりとかできないんですかね。


DSC_4336

上からひゅーんと降りてきて


DSC_4337

どっどーん!


DSC_4338

サンプル画像ではちょっとかっこわるいポーズでしたが、膝立ちさせるとそれっぽくはなります。


DSC_4339

エフェクトとか使って。 まあ重力増幅なのでこのエフェクトはおかしいと言えばおかしいんですけども。


DSC_4340

前述のとおり膝立ちが楽なので片手どっどーんなら楽々です。


DSC_4341

バニーちゃんと並べて終わり。

フィギュアーツ、ゴールデンライアンでした。

web限定ではありますが、映画では予想以上に大活躍したヒーローだったので出てくれてよかったです。

クリアパーツと綺麗な金塗装で見てるだけでも見栄えよくかっこいいですが、腰の可動の改善によって遊びやすくもなったのでライアンっぽいポーズもつけやすいです。

付属品が手首2つ(握り手、平手)と差し替えの展開パーツしかないのは少し寂しい気もしますが、ライアンを再現するには十分なので特に不満もないです。

9月にはstyle2のタイガーとバニーも来るので今から並べるのが楽しみです。