DSC_4748

バンダイのSDロボットブランド、ネクスエッジからガオガイガー登場!

FINALのジェネシックでの商品化となりました。
DSC_4749

素立ち。

SD体型ながらも商品名通りエッジが立ったデザインでなかなか密度感もあります。

ギャレオンやガジェットフェザーあたりの塗装は若干省略されていますが他の塗装は綺麗。

黒部分は成形色になっています。


DSC_4750

DSC_4751

可動など。

こちらもSDな割によく動きます。

ガジェットフェザーも基部で上下に動くため、それなりの表情付けも可能。


DSC_4760

背面はこんな感じ。

ガジェットフェザーの目のような模様はきちっと塗装されています。

尻尾は固定。


DSC_4752

専用のアタッチメントを手首につけることでブロウクンファントムを再現可能。


DSC_4753

手首の差し替えとギャレオンのたてがみを外してヘルアンドヘブンの再現も可能です。


DSC_4739

スパ金ジェネシックと比べるとこんな感じ。

顔がでかいので逆にネクスエッジの方がジェネシックガオガイガーっぽい気もちょっとしますね。



ではあとは適当に。


DSC_4756

動くとこはよく動くのでポーズはとれますね。


DSC_4757

スタンドも付属します。


DSC_4758

腰もまわるのでドリルニーもそれっぽく。


DSC_4759

頭のたてがみがちょっと重いので首関節が負けることもたまにありますね。


DSC_4761

ブロウクン!


DSC_4762

ファントム!


DSC_4763

手首がないので「ゲムギルガンゴー・・・」はそれっぽくしか無理です。


DSC_4764

付属品がないとはいえヘルアンドヘブンができるのはよかったです。


DSC_4765

終わり。

ネクスエッジ、ジェネシックガオガイガーでした。

造形は確かになかなかかっこよく、塗装面でもほとんど不満は感じなかったので個人的には結構満足した商品でした。

ただ定価が2000~3000ということで、このサイズでこの付属品だと少し割高感を感じる人もいらっしゃるかも。

手軽なコレクションアイテムとしてはなかなか良いと思ったのですが、もう少し安いと手が出しやすいかもしれませんね。