DSC_4862

SAY GO!というわけで後半はスターセイバーをご紹介。

きちんと合体し、良く動くスターセイバーがついに出たと思うと感慨深いですね。
DSC_4865

ではまずは大型ジェットから。

Vスターにセイバーのジェット機をそのまま合体させます。


DSC_4866

サイコミサイル発射部分が開閉可能。

銃身に関してはダイキャストなので折れたりなどの心配はありません。


DSC_4867

Vスターもランディングギアを展開可能。

大型ジェットの際もVスターのランディングギアで接地状態にさせます。


DSC_4868

そしてVスター、大型ジェット用のスタンド。

後述しますがスターセイバーのシールドにもなります。



それでは変形。まずはセイバーから。



DSC_4869

DSC_4870

DSC_4872

半変形状態にして足を折りたためば完了。 次はVスターを変形。


DSC_4873

DSC_4874

DSC_4875

これでVスターも準備完了。そして先ほどのセイバーをはめ込みます。


DSC_4876

スターセイバー メットオフの状態です。

基地内では結構この状態でいたので割となじみ深いですね。

ちなみに胸のダクトを変形させ忘れています…。


DSC_4877

バトルアップ!

ヘルメットをVスターからつないでいるアームは背中に収納可能。


DSC_4899

これでスターセイバーにバトルアップ完了。

実はほとんど塗装がなく、成形色でここまで色を再現しています。

質感としては賛否があるかもしれませんが、変形合体遊びにより塗装が剥げる心配がないというのはトランスフォーマーという玩具として非常に良い部分だと思います。


DSC_4881

セイバーブレードの刃や柄になる機首部分などは背中に収納可能。

刃に関してはきちっと劇中通りの場所に収納されています。


DSC_4882

DSC_4883

DSC_4884

可動範囲など。

上半身が特に良く動きます。

肩関節などはなんと引き出し可能で前に腕を出してくることも可能。

足回りも平均的なレベルには動きます。

また、足首部分は内部がダイキャストになっています。


DSC_4885

肩下の可動がちょっと特殊になっており、肘以外に肩のすぐ下にも関節が仕込まれています。

これによって肩のラインを崩さずに腕を前に出すことが可能に。


DSC_4886

武器類は前編でだいたい紹介しましたが、こちらはスターセイバー専用でシールドです。

前述のスタンドの支柱部分を差し替えて再現。



ではあとは適当に。



DSC_4900

刃の収納部分が劇中通りなのでブレードを出す動きも再現可能。


DSC_4901

セイバーブレード!この大きい柄だと刃の面が前に来てしまうので剣アクションにはあまり向かないかも。


DSC_4902

長い柄を使えば両手持ちも可能。剣の両手持ちが出来るスターセイバー、素晴らしいですね…。


DSC_4903

この状態も結構良く見るので、個人的に割と好きです。


DSC_4904

武器が剣なので肩周りが良く動くのはいいですね。


DSC_4905

小さい柄の方に長い刃を付けるとちょっとアニメっぽい感じになります。


DSC_4906

剣の持つ向きとしてはこっちの方がいいのでアクション向き。


DSC_4907

シールドを装備して。最終回でしか使ってませんけども。


DSC_4908

最終回での時はVロックキャノンを使っていたので代わりにセイバーレーザーを。


DSC_4862

オリジナルトイの箱絵っぽく。


DSC_4816

終わり。マスターピース MP-24 スターセイバーでした。

2013年秋に投票でMP化が決まったスターセイバーでしたが、当時のオリジナルトイに思い入れがある方も、アニメで活躍するスターセイバーに思い入れがある方も満足できる非常に良い逸品になっていると思います。

スターセイバー自体割とちゃんとした玩具が少ないので、ここまできちんと変形合体機構を備え、かつ可動とプロポーションを両立している物はこの先もそうそう無いのではないでしょうか。

飾って置いておくものというよりは、遊ぶ用にいろいろ工夫が施されているので、スターセイバーに思い入れのある方は是非当時のようにガシガシ遊ぶのをおすすめしたいですね。