DSC_5184

アベンジャーズ:エイジオブウルトロン公開記念ということで。

あんまり関係ないですが千値練のエクストリミスアーマーをご紹介。
DSC_5185

素立ち。

コミックのエクストリミスアーマーをアレンジしたものなので実写のアイアンマンとはちょっと印象が違うフォルム。

足首部分にはダイキャストが使われています。

塗装は綺麗で今のところ退色などもなし。


DSC_5186

DSC_5187

可動範囲など。

全体的にかなりぐりぐりと動かすことができます。

特に頭などは電飾ギミックもあるのに上下左右ほとんど自由。

肩も関節を隠している丸いパーツがスプリングのような形で動くので腕を前に出すこともできます。


DSC_5166

電飾ギミック。

腕などのリパルサーはさすがに光りませんが、リアクターと目がLEDできれいに発光します。

スイッチは背中のカバーの下。


DSC_5195

スタンド。

台座部分はホールオブアーマーをイメージした感じ。

クリップで支える形ですが、クリップ内側にラバーが使用してあるのでフィギュアを傷つけません。


あとの付属品は交換手首くらいなので適当に。


DSC_5196

普通の平手で。リパルサーから表情付けまで何にでも使えます。


DSC_5197

リパルサー! 手首はBJと軸可動ですがリパルサーポーズもいけるくらいには曲がります。


DSC_5199

可動が良いので床パンチも綺麗に。


DSC_5200

腕周りもさることながらとくに腰の可動がかなり優秀ですね。


DSC_5204

リパルサー手首も。こちらは角度が付いてます。


DSC_5208

ダブルリパルサービーム


DSC_5210

スタンドの支柱は可動しませんが支柱とアームの接続部分で結構可動があるので意外と使いやすいです。


DSC_5212

角度付けももちろん可能。


DSC_5213

ユニビーム!


DSC_5217

アイアンマンといえば、な飛行ポーズも支えられます。


DSC_5184

飛行がかなりかっちょよく様になるのでお気に入り。


DSC_5218

終わり。 千値練のエクストリミスアーマーでした。

いつものとおり高額商品ではありますがそれに見合う造形や塗装、可動やギミックでかなり満足度は高いものになっています。

サイズはSIC程なのでちょっと他とは絡めにくいですが、単体で十分遊びまくれるのでかっこいいアイアンマンのフィギュアという点ではかなりおすすめできます。

千値練のアイアンマンシリーズはウォーマシンのほかになんとハルクバスターも出すようで、期待が高まりますね。